なんなんだか

仕事に出かけるときのカバンには、たいてい本を入れている。
あるときは雑誌であり、あるときは学校の指定図書(いわゆるテキストってことですね)
また、あるときは新聞を買って読んでいたりするわけです。

いつごろからだろう。
新聞や雑誌に、妙に一つの事柄や製品に対しての記事が増えたなぁと感じ始めたのは。
「へぇ~、詳しく書いてあるなぁ」と思いつつ読み進めると
これは、大体<広告記事>であったりするわけで・・・。
よく見なければ気づかないこの記事。
特集じゃなく、広告なんだってこと。

外の記事に埋もれるように(見える)
宣伝を読んでいくことになってしまうこの形式。
なかなか馴染めないものです。

時折、雑誌などで分量が多いなぁと感じるとき、
実際は広告記事のオンパレードであったりすると
とたんに興ざめしてしまう、
そんなことを感じるわけです。

ある意味、情報などを取り入れるとき、その感度が
麻痺してしまいやすくなるような状況。
もちろん、それぞれの事柄に対して事実(といわれていることも含めて)を
書いている(書こうとしている面も)のだろうけれど
真実を見分けるということはとっても難しい、そんな今なんだろう。
受け手としての自分の感度も大事なのは言うまでもないのですが・・・。

うーん、って感じですね。
[PR]
by y_inagaki1 | 2005-07-21 23:28 | つぶやき
<< 朽木へ かくれんぼ >>