かえりみち

あっという間に沈んでしまう夕陽
気がつくとそらは真っ暗になってくる

電車の窓から見る外は灯りのともった建物たち
その合間に広がる空がある
雲ひとつないそこには
明るい明るいお月さまが
まわりのの灯りに負けないほどの明かるさで照らす

改札を出る
そこはちょっとした広場
広場にはベンチに腰を下ろす人が多い
ふと辺りを見回すと
サックスの音色が耳に入る

人たちの拍手

次の曲にはいった
懐かしさを感じるメロディ
~オネスティ  ビリージョエル~

サックスだけ
それがあたりに心地よく響いていた・・・
[PR]
by y_inagaki1 | 2004-09-30 22:39 | つぶやき
<< 西のそら 見上げてみたけれど >>